【バックアップ1227】女性の婚活ガイド

年齢に比例をして出会いは減少をする

社会人になると自然の出会いは年齢と共に少なくなっていきます。

普段の生活でただ漠然と理想の人待っているだけである日運命の人が手を差し伸べくれるというようなことは起きないでしょう。

自然な出会いの取り方はそれぞれですが、職場やサークルの出会いを自然な出会いと感じる方もいれば、結婚相談所の出会いを自然な出会いと言う方もいます。婚活は出会いの幅が広がり普段の生活圏内では出会わない人と出会えることができることが最大のメリットです。

ただ、婚活は楽しいことの反面に辛いこともあり「結婚」という思考で一喜一憂すると苦しくなります。ただ人生の中での短い婚活期間を何よりも自分磨きのツールとして捉えることも婚活意識を変えてくれます。

婚活は自分をステップアップさせてくれる

女性としてより魅力的に変化をしていくからこそ、婚活にも変化が起きてくるのです。お見合いやデートでお洋服やメイク、髪型を変えたり自分を磨きながら自然と女子力がアップしていきます。

また、初対面の男性との会話や時間を過ごすことにはコミュニケーション力も上がり、言葉のチョイスにも変化が起きるきっかけにもなります。

普段出会うことがない業界のお話を耳にすることで新しい世界を知っていく機会ことにもなります。

実は、婚活という経験の1つ1つが自分をステップアップさせる良いチャンスでもあると捉えられたら、婚活に向かう姿勢や感情もポジティブに向き合えるでしょう。

婚活期の友人関係を考える

長い付き合いがあるお友達でも、婚活となると様々な女性としての感情が生まれます。

友達同士、同じタイミングで結婚という成果が出るのであれば良いのですがそう上手くいくケースは少ないでしょう。

いつも疲れていたり、思考がネガティブ、足を引っ張る人とは程よい距離を取ることは大切です。

反対にいつもポジティブにお互い刺激をしあえる関係は婚活の気持ちもメリットはあります。

もし婚活期間中に一時的に距離を取ってたとしても本当に仲の良い深い縁ならば婚活が終わった後もまた普通の変わらない友人関係に戻れるはずです。

相手の結婚温度を見極める力を持つ

多彩になった婚活サービスでは結婚への温度差があることに気づきましょう。

例えば、結婚を考えている男性もいれば、まだ結婚は考えられない、いまは恋人くらいが丁度いい、その時だけのパートナーが欲しい、サークル感覚で楽しみたいと、いう色々なタイプの男性がいることを頭に居れて相手をよく見極めることです。
「今すぐには結婚は考えられないけど」という相手の感情に振り回されることがないようにしましょう。

恋愛を楽しみたいなら別ですが、婚活の目的は結婚ですから女性の1才はとても大切です。

子供を望んでいるならなおさらです。妊娠や出産児のリスクや子育ての体力も考えると女性の婚活は1日たりとも無駄にはできないのです。

婚活の近道は結婚意識の高い男性に出会う環境に身を置き相手を見極めていくことです。

婚活女性に必要な要素

婚活を成功には「柔軟性」「前向きさ」「行動力」「決断力」「ポジティブ思考」「自分を磨く」の要素が必須です。

普段、自分で意識をするだけでも改善できる婚活成功ポイントをピックアップしました。

自分磨きを怠らない

メイク・ファッション・髪型などから理想の異性に好まれる印象つくり申込率、お見合い率、交際率をあげることができます。

フラットな気持ちで

お見合いでは多少のイメージが違っていたり非タイプであるとあからさまに嫌だと顔に出たり雰囲気を悪くすることはNGです。

普段のお見合いではフラットな振る舞いを続けることは理想の人に出会ったときにいつもと変わらない印象のよい貴女でお相手と過ごせるのです。

愛嬌とIQのバランス

「彼女にはいいけど、結婚には」というフレーズは男性からはよくあります。

恋人関係は二人だけで留めて置けますが結婚となるとカップルとして公になります。

男性は両親や親戚付き合い、上司や同僚への紹介などを考えたときには愛嬌だけではなく多少のIQは必要です。

写真に一喜一憂しない

お写真がタイプではないからと言ってお断りをしてしまう女性はチャンスを逃し婚活を長引かせます。

プロフィール写真を超える素敵な男性がいることを頭に入れてまずは出会ってみよう、ということが婚活を最短で成功させる近道の1つです。

妥協ではなく幅を広げる

根拠のない条件に拘り過ぎて主張するよりも条件の幅を広げる柔軟性が大切です。

自分とは違うことには尊重したり共感をすることは条件の下げるのではなく広げるというマイナスな捉え方ではありません。

NG探しをやめる

お見合いでは相手のダメなところ探しばかりで「話し方が嫌」「お洋服が私好みじゃない」「話題が私好みじゃない」と、いうように自分の物差しで相手をジャッジしては結婚は難しいでしょう。

婚活では自分との違いにも共感しながら相手を知ることが必要であって、まずは新しい世界を見つけるきっかけというくらいとポジティブに捉える方は進展しやすいです。

第三者の助言を受け止める

あなたの理想を理解しているカウンセラーは第三者の目線で自分では選ばないような男性の紹介や、活動の改善・対策など沢山のアドバイスをしてくれます。

自分の考えとは違う、私はできないという思考は一時的に捨てて素直に受け入れて行動をしてみることが必要です。

お誘いする勇気

今の婚活時代は、女性からお誘いをしていくことは当たり前です。

誘われて嫌な気持ちになる男性はいないですし、もし断られたとしても「また誘ってください」という程度で終わります。

男性も別の方とお見合いや仮交際が重なっていることがあるので、自らお誘いをしてアピールしていくことは必要です。

恋愛経験は不要

恋愛経験が多い人が婚活は有利という訳ではありません。

逆にモテ期の経験が足かせになっている女性も少なくありません。

恋愛経験がない女性は経験値をあげる良いきっかけと捉えてカウンセラーに指導をして貰いながら成婚を実現させることは可能です。

男性に触れリアルな感情に気付きながらお相手の魅力に気づくスキルを身につけましょう。

LINEの基本は「会う約束」

「おはようございます。これからお仕事です」「こんばんは。今日もお疲れ様です」などを毎日繰り返せば「心がないのかな」「社交辞令?」とマイナスな印象を与えてしまいます。

仮交際ではLINEで急激に仲良くなることは難しくデートをしながら仲良くなるしか方法はありません。

だからこそLINEは次に会う約束をするための連絡ツールとして活用しましょう。

自ら行動をする婚活時代

年齢と比例するように出会いの数は減っていきます。

だからこそ自ら行動範囲を広げなければチャンスは掴めないという年齢は誰にでも訪れます。

女性は誘われて当たり前、受け身が当たり前なんて時代錯誤で婚活を失敗させる原因にもなります。