あなたの婚活は進展していますか?

社会人になると普通の出会いこそが年齢と共に少なくなっていきます。

ただ漠然と理想の人待っているだけ、運命の人が突然やってくる訳でもない、ある日、運命の人が手を差し伸べてくれたというようなことは起きないでしょう。

自然な出会いの取り方はそれぞれですが、職場やサークルの出会いを普通と感じる方もいれば、結婚相談所の出会いを普通の出会いと言う方もいます。

婚活は、出会いの幅を広げ普段の生活圏内では出会わない人と出会えることができます。

選ばれる女性に自分磨きをしましょう

婚活は楽しいことの反面に辛いこともあります。

婚活成果で得られるものは「結婚」という思考で一喜一憂すると苦しくなりますが、人生の中での短い婚活期間を何よりも女磨きのツールとして捉えることも婚活意識を変えてくれます。

女性としてより魅力的に変化をしていくからこそ、婚活成果にも変化が起きてくるのです。お見合いやデートでお洋服やメイク、髪型を変えてみたりナチュラルな女子力を磨き自然と女子力がアップしていきます。

また、初対面の男性との会話や時間を過ごすことにはコミュニケーション力も上がり、言葉のチョイスにも変化が起きたりもします。普段出会うことがないお仕事のお話も新しい世界を知っていくことになるかもしれないです。婚活という経験の中で1つ1つに自分がステップアップしている実は良いチャンスでもあると捉えられたら、婚活に向かう姿勢や感情もポジティブに向き合えるでしょう。何よりも自分磨いていくことで、ランクアップした出会いへ繋がっていくキーでもあるのです。

婚活期間の交友関係の距離を考えましょう

長い付き合いがあるお友達でも、婚活となると様々な女性としての感情が生まれます。

友達同士、同じタイミングで結婚という成果が出ると良いのですがそう上手かないケースは少ないでしょう。

いつも疲れていたり、思考がネガティブ、足を引っ張る人とは程よい距離を取ることは大切です。

反対にいつもポジティブにお互い刺激をしあえる関係は婚活の気持ちもメリットはあります。

もし婚活期間中に一時的に距離を取ってとしても本当に仲の良い深い縁ならば婚活が終わった後もまた普通の変わらない友人関係に戻れるはずです。

結婚意識に温度差のない男性と出会いましょう

多彩になった婚活サービスの中でも、婚活パーティー、婚活アプリで頑張り続ける女性はとても多いです。

ただ、そこには参加している男性との恋愛・結婚温度差がある事に気付きましょう。例えば、恋愛はしたいけど結婚は考えられない、その時だけ遊べるパートナーが欲しい、友達やサークルで楽しみたいと、いう男性と出会った場合にどんな選択をしますか?
「タイプだけど結婚考えてないなら無理かな」「結婚の気持ちが湧くまで待って付き合おうかな」など、様々な感情が湧いてくるはずです。

女性の婚活には1才、1年、1日がとても大切です。

子供を望んでいるならなおさらです。妊娠や出産児のリスクや子育ての体力も考えると女性の婚活は1日たりとも無駄にはできないのです。

婚活の近道は、結婚意識のある男性と出会う環境に身を置くことが大前提なのです。

失敗しない婚活ガイド

最短で成婚を実現している女性の特徴は「柔軟性」「前向きさ」「行動力」「ポジティブ思考」「自分磨き」を意識して活動をしています。

 魅力を整える

個性や魅力でアピールができす、メイク、ファッション、ボディメイクなどで身だしなみを整えましょう。好感度の良い女性はお申込率、お見合い率、交際率が断トツに高いと言えます。

フラットな気持ちで

お見合いでは理想と違うからと態度を変えてしまうことは知らず知らずに癖がついてしまいます。
多少のイメージが違っていたりタイプ、非タイプであってもフラットな振る舞いこそが、本当の理想の出会いがあった時に、いつもと変わらない異性への対応ができるのです。

愛嬌・IQのバランス

「一緒に居る時は楽しいんだけど結婚には」というフレーズは男性からよくあります。
恋人は2人の関係でとどめて置けますが、結婚となるとカップルとして公になります。
男性は「一緒に居て楽しいけど」「上司に紹介するのは」「プライベート食事の席には」などリアルにイメージをします。
愛嬌とIQのバランスがよく、さらにマウンティングにならないように注意しましょう。

プロフィール写真に一喜一憂しない

写真がタイプではないからと言ってすぐにお断りをして出会いのチャンスを逃す女性も少なくはありません。逆に、タイプのお写真であっても実際お会いしたらイメージが違うというケースさえもあります。
「プロフィール写真を超える素敵な男性がいること」を頭に入れてまずは出会っていくことは成功の近道には必須です。

条件を下げるのではなく広げよう

譲れない条件に拘り過ぎたり主張するのではなく条件の幅を広げてみる柔軟性が大切です。
相手の趣味、価値観を尊重することは条件の下げるのではなく広げることで、マイナスな捉え方ではありません。

NG探しでジャッジしない

お相手の考え方に共感をしたり、新しい世界を見つけるきっかけというくらいとポジティブに捉える方は進展しやすいです。
NG探しで相手をジャッジでせずに相手をよく知り興味を持てるか、どうかを見極める為に2、3回へと繋げていく事が必要です。

第三者のアドバイスを受け止める

カウンセラーは常に活動の動きをチェックしています。
第三者から見て自分では選ばないような男性に会ってみることや、タイミングに合わせた改善・戦略などのアドバイスは素直に受け入れ試してみることです。

自ら誘うこと

女性からお誘いをしていくことは必要です。
誘われて嫌な気持ちになる男性はいないですし、もし断られたとしても「また誘ってください」という程度で終わります。
婚活中は、男性も別の方とお見合いやお申込が重なっていることがあるので、自らお誘いをし交際イメージをアピールする事は必要です。

スキルアップ

恋愛経験が多い人は、モテ期が足かせとなってしまうケースもあります。また、恋愛経験がない人は、男性や恋愛の経験値をあげる良いきっかけでもあります。
得意・不得・タイプ・非タイプの男性への感情に気付きながら、男性を見る目を変化させお相手の魅力に気づくスキルを身につけましょう。

LINEの基本は「会う約束」

お見合い後は2週間以内に初デートを済ませ、その後も1、2週間位ペースでお会いしていく事が進展するポイントです。
「おはようございます。これからお仕事です」「こんばんは。今日もお疲れ様です」「明日もお仕事頑張ってくださいね」などのメッセージばかりを繰り返していると、「心がないのかな」「社交辞令でとりあえず繋がっておきたいのかな」と逆効果になるケースもあるでしょう。LINEは、次に会う約束を意識した内容にしましょう。

自ら行動してもいい時代

20代以降から出会いの数や速度は変化が起き始めます。
年齢と比例するように出会いの数は減っていきます。

だからこそ自ら行動範囲を広げなければチャンスは掴めない時は誰にでも訪れるのです。
それを見通して自から行動していくことは今の時代の女性の婚活には必須です。


無料カウンセリング

自分磨きレッスン