20代・30代婚活女性の短期成婚|「自分のせい?もう分からない!」と嘆く婚活疲れを解消しよう

こんにちは。

シンプルで着実な婚活ステップで「6ヶ月婚活で好きな人に出会い、好きない人と結婚をする」結婚相談所の銀座マリアージュクラブです。

新しい生活様式が始まり2週間が過ぎました。

銀座マリアージュの無料カウンセリングは対面でのご予約も入りながらオンラインと並行して新しいスタイルで再開しています。

今日は「婚活がよく分からないです」というご相談ケースをご紹介したいと思います。

婚活が分からない女子

婚活が長引くと「自分がよく分からない」という経験はあるのではないでしょうか。

例えば、「お申込OKが貰えないとどんな相手に申し込んで良いのか分からない」「いい人なんだけど決め手がよく分からない」「検索しながらどんな人が良いのか分からない」「皆んな同じように見えてよくわからない」などという状態になってしまったり。

さらに、悪化すると「何が分からないかのかさえ、分からない」と、いうところに陥しまってる方もいます。

この状態で、婚活を突き進んでもなかなか成果は出しずらい状況が続いてしまいます。

「上手くいかない原因はどこにあるのか?」

相手なのか?環境なのか?自分自身なのか?たまたまなのか?どこに原因があるのかを深掘りして交通整理することをお勧めします。

1、希望条件の理由を明確にする

理想だけで描いている希望条件に縛られ過ぎていませんか?

感情ではこの人なんだけど理想の条件は合わないから結婚相手ではない、条件でいくとこの人がいいけどもっといい人がいるような気がする、などぶっ飛びそうなご相談もあります。

そもそも長い結婚生活という人生で175センチの身長必須、お酒が飲まない人は無理、趣味が合わないから違う、実家が慣れているから近くに住んで貰いたい・・・などは、明確な結婚相手への条件と言って良いのでしょうか。

2、相手をジャッジしない

短期成婚を実現している人の特徴の1つは相手をジャッジしないことです。

失敗する傾向には、私と合わない、私だったらこうする、身長が2センチ低いことが気になった、女性に合わせるのが普通、話し方が気になった、など1つ1つをジャッジしていきます。

だから、お見合い帰りはドッと疲れて今日も無駄だった・・・というネガティブモード突入。

婚活だけではなく、人とのコミュニケーションでは相手をジャッジすることは円滑に関係を築く難しくさだけではなく自分自身も苦しくなります。

なぜ、知らず知らずのうちに相手をジャッジしてしまうのでしょう?

3、その内にもっといい人が思考をやめる

きっともっといい人がいるはず。と、いう気持ちは分からなくはありません。

しかし、漫画の世界のような白馬に乗った王子様が迎えに来たり、ある日、突然に素敵な男性に声をかけらる・・・なんてなかなか無いお話ではないでしょうか。

今の婚活市場では、女性は受け身で当然なんて時代錯誤。

女性からのお申込、デートのお誘い。

自らアプローチしていくことは当たり前の時代です。

それでも一歩踏み出せない方は、カウンセラーを上手に使うことや、明確なアドバイスを求めることがお勧めです。

アプローチが苦手でもカウンセラーが貴女の代わりに繋いでくれる強い味方ですから、どんどん相談をしていきましょう。

4、勇気を持って軌道修正

結婚相談所に登録して長く活動をしている方や、婚活パーティー歴3年くらい婚活女性からのご相談も少なくはありません。

はっきりと言えることは同じ環境で、同じ行動、同じ選択は同じ結果の積み重ねでしかありません。

今の状態で成果がないのなら、自分にとってもっと良い方法や手段を探し選択をするいう行動は必要です。

勇気を持って環境を変えることは成果を出すための賢い選択と捉えることも大切です。

5、自分の基準は周りは違う

自分に合う人がいない、自分とは違いすぎる、自分の条件と合わない・・・などの上手くいかない理由をお聞きすることがあります。

このようなケースの方は成果が出ない状況を作っているのは「自分」です。

あなたの普通や基準は周りも同じではありません。

あなたが求める基準にピッタリな人を求めても、実際には合わないことや違いがあって当然です。

自分の合うように、思うようにならないからこそイライラしてしまう。

まずは、自分の普通や基準は「周りは違うんだ」と思った方が楽になり良いでしょう。

結婚は長い人生、お互いの違いにも寄り添い・歩み寄れることも必要では無いでしょうか。

いまをリセットする勇気

気が向いた時にお申込したり、アプリを開いて眺めて終わったり、退会するのは不安だから保険みたいな感じで登録だけして残しています、という方もいます。

「もしかしたら、その内にいい人からお申込が来るかもしれない」と、いう気持ちも分からなくはありませんが、婚活は長くなればなるほど苦しくなり質も落ちていくでしょう。

女性の婚活は「時間」が成果を左右させるからこそ婚活時間を大切に扱う事です。

今の活動で成果が出ないのではあれば、今よりもっと良い手段、方法、環境を探す行動は1つの良い選択です。

成果のない環境や時間への投資よりも、自分にとってより有効な婚活環境や時間の投資の仕方を探し今の活動をリセットをする勇気も必要です。

結婚そ相談所には無料カウンセリングがあります。

有効活用して自分にとって本当に必要な婚活環境や、今よりもっと上手くいく方法や手段を探して再開することも結婚への近道でもあります。

コロナにより新しい生活様式が始まった今だからこそ、これまでと同じではより難しい婚活時代です。これからは婚活にも変化が必要です。

銀座マリーアジュクラブの無料カウセリングはサービス紹介やご入会案内だけではありません。お一人おひとりの現状と理想を明確にさせ必要は方法や手段までをアドバイスしてます。


まずは婚活イメージを無料カウンセリングでカタチにしてみませんか?


 ご自宅からオンライン婚活が大好評です


20代男女限定キャンペーン「入会金・登録料50%OFF」